トップページ > 参考書

お薦めの参考書

推薦する数学参考書

 よく、「どんな参考書や問題集を使ったら良いですか?」という質問を受けることがありますが、持論としては、まず本屋に行き、実際参考書を手にとってみることをお薦めしたいです。 難易度としては読んでみて、すぐ分かるものより今の実力より若干上のレベルの物を選ぶのが良いでしょう。 しかし、どの位のレベルのものが良いのか、沢山の本の中で目移りして分からない人も多いと思います。当ゼミではお薦めの参考書を以下にまとめてみました。

理数系大学志望者

1. 青チャートⅠA、ⅡB、ⅢC(数研出版)
特徴:難関大学受験のベースになるものとも言われる参考書。問題の質、量とも、とても優れていて、使い易い参考書です。

2. 1対1対応の演習ⅠA、ⅡB,ⅢC(東京出版)
特徴:分野別に代表例題を厳選し、解説してある問題集です。この問題集をくり返し演習することで、レベルアップが図れ、数学を得点源に出来る基礎力を養うことが出来ます。

3. やさしい理系数学(河合出版)
特徴:例題が良問揃いで入試必須の問題ばかりです。青チャートを終了した人にお薦めです。

4.理系数学良問プラチカ(河合出版)
特徴:これも良問揃いです。青チャート終了者にお薦めです。

5. 医学部への数学(駿台)
特徴:分野毎に良問が出題されており、扱い易い問題集です。解説も丁寧で何回もやりこむことで、かなりのレベルアップが図れます。

6. 新数学スタンダード演習(東京出版)
特徴:「青チャート」、もしくは「1対1対応の演習」の演習終了者にお薦めの一冊です。解法の背景を理解し、パターン演習を捉えるには最適の一冊です。ⅡBまでしか対象範囲として扱っていないのが残念です。他の問題集でⅢCの部分を補いましょう。

7. 新数学演習(東京出版)
特徴:高度な発想力、応用力を要す問題集。解法が技巧に少し懲りすぎている点が少し難です。

数学が苦手な人向け

8.黄色チャートⅠA、ⅡB、ⅢC(数研出版)
特徴:基礎から中堅校レベル迄の力をまず身につけたい人にお薦めです。この本をやりこむことで偏差値60位までの実力は身につけることが出来ます。

長年の経験から言える事は、問題集1冊、参考書1冊をくり返し(3~5回)復習し、理解し、覚えこむ事で実力を身につけることが可能になります。また、毎日、数学に取組むこと。この2点を大切に日々努力をすれば誰でも出来るようになります。日々の努力こそが実力への最短の近道!!

          頑張りましょう。